手作り酵素ドリンク

発酵過程でできる植物性の乳酸菌が腸をきれいにする!


体内の細胞をさびつかせて病気や老化を引き起こすもとになる活性酸素は、アレルギー疾患の発症にも深く関係しています。

そんな活性酸素の毒性を抑えるために、りんごを発酵させて酵素をつくり出す「手作り酵素ドリンク」をおすすめします。


酵素とは、消化、呼吸や拍動、体温のコントロールなど、生命を維持するあらゆる活動に必要なたんぱく質のことです。

酵素が不足するとこれらのこれらの生命活動がうまく行われず、アレルギー疾患やがん、生活習慣病など、あらゆる病気や不調を招く原因になります。

しかも、体内に存在する酵素の量には限りがあるので、食べ物で補っていかなくてはなりません。

酵素は、生の野菜や果物にもともと含まれていますが、すりおろすことで量がぐんとふえます。

(すりおろすことで、細胞壁を壊し、吸収しやすくします)


「手作り酵素ドリンク」には、果物の中でも果糖やブドウ糖といった糖分が豊富に含まれているりんごを使います。

りんごを使うと、発酵途中にその糖分をえさにして植物性乳酸菌が発生します。

その乳酸菌は腸の中で善玉菌をふやし、体内の毒素を排泄して腸内環境をととのえてくれます。

さらに、植物性の乳酸菌は、動物性のものに比べて、生きたまま胃腸に届きやすいという利点もあります。

(もっとも、乳酸菌は生きていても死んでいても関係ないとも云われています)


りんごの乳酸菌によって腸内環境がととのえば、便通がよくなるだけでなく、活性酸素が除去されるので、アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患も回復に向かっていくと考えられます。

また、酵素自体に、古い細胞にかわって新しい細胞をつくる働きがあるので、美肌効果も期待できるのです。

「手作り酵素ドリンク」は、水で薄めて好みの濃度にして飲むか、ヨーグルトやジュースに混ぜてとりましょう。


健康のために、淡色野菜をたくさん食べましょう!


単色野菜を補うものとして、上記のような酵素ドリンクの摂取をお勧めいたします。

淡色野菜には食物酵素が充分に含まれています。

ところが、この食物酵素は48℃以上に加熱すると壊れてしまいます。

だから、加熱調理した食材を食べるときは一緒に食物酵素をたくさん含む生野菜を摂取することが好ましいのです。

スムージーの摂取が推奨されているのはこのためです。


食物酵素を他の栄養素とともに効率的に摂取できるものとして、酵素ドリンクをお勧めいたします。

私の推奨する酵素ドリンクは、「優光泉」です。

優光泉の詳細を、公式ページ↓↓↓でご確認ください。


妊活


酵素ドリンクランキング




ランキングサイトにおいても、やはり「優光泉」が一番人気のようです。


















↑↑↑時短起業法を解説した伝説のセミナー2本の全24時間を動画で無料プレゼント ↑↑↑1件7,000円以上が可能なアフィリエイトを実現するスーパーVIP待遇ご登録の案内↓↓↓
だいぽんさんのページ⇒