酵素の5つの特徴

1,生きるために絶対になくてはならない酵素

戦後、欧米からもたらされた栄養学では、炭水化物、タンパク質、脂肪の三大栄養素が、ヒトが生きていく上で必要な栄養素としてもてはやされました。

その後、炭水化物を摂っても、それだけではエネルギーとしてうまく代謝しないということで、ビタミン、ミネラルが加わって五大栄養素となりました。

そしてさらに、体内では消化されないからと見過ごされてきた食物繊維が、6番目に加わりました。


勿論、これらの栄養素も大切です。
しかし、ビタミンやミネラルよりも私たちが生命を維持する上で
もっと大切なものがあります。
それが酵素です。



酵素と聞くと、ほとんど無条件に「消化酵素」を連想されると思います。

が、しかし、食べたものを消化吸収するばかりでなく息をしたり筋肉を動かしたりと、酵素は一切の生命活動に関与しています。

もし、酵素の働きがなければ、人間も動物も生きることはできません。


いわば、酵素は生命活動の主役であり源です。


 



酵素の構成1.png


2,ビタミンやミネラルそして酵素の共同作業

栄養サプリメントのムダな飲み方してませんか?
今、流行のビタミンやミネラルなどの栄養サプリメント。
身体に良いということで飲んでる方は大勢いらっしゃることでしょう。

しかし、ビタミンCやカルシウムなどの微量ミネラル、はたまた栄養ドリンクを飲んでいても、今ひとつ効き目が現れないという経験をお持ちの方も、また多いのではないかと思います。

この問題を解く鍵が酵素にあります。

いくらビタミンやミネラルを摂っても、酵素がなければ身体の中で十分に働けません。
酵素あってのビタミン・ミネラルです。
そもそも、ミネラルの重要な働きの一つは酵素の構成成分となり補酵素として働くことです。
また、ビタミンも酵素の働きを助ける補酵素として働きます。


3,一つの仕事しかできない酵素

酵素の構造を簡単に言えば、ミネラルの周りにタンパク質が巻き付いたものです。
中心になるミネラルの種類や、タンパク質の巻き付き方によって、様々な種類があります。

今発見されている酵素は約3000種で、今後も新しい酵素がどんどん発見されていくでしょう。
しかし、3000種あるといっても、それぞれの酵素はそれぞれ一つの仕事しかできません。

たとえば消化酵素として有名なアミラーゼがあります。
これは唾液の中に含まれているもので、デンプンを分解する酵素です。
そのアミラーゼによってタンパク質を分解することはできません。

ちなみにタンパク質を分解するのはプロテアーゼという酵素ですが、デンプンを分解することはできません。


4,熱によって変成する

材料がタンパク質ですから、酵素の特徴としてあげられるのが熱に弱いということです。

卵を思い出してください。
卵は熱をかけていないときは白味の部分は透明でとろとろしていますが、熱をかけると白く固まります。

通常、酵素は加熱されると蛋白が変成して酵素でなくなってしまいます。

一般に酵素が耐えられる温度は50度くらいから、せいぜいから70度くらいまでです。
つまり、加熱した食べ物には酵素は含まれていません。

このため、普段の食生活において、加熱したものばかりたべず、酵素の入っている食品を摂るように心がけなければなりません。

 



酵素5.png


5,発酵食品や生の食べ物(新鮮なもの)には酵素がある

酵素は何に含まれているかといと、新鮮な生の食べ物です。
生の肉や魚、生野菜、果物には皆酵素が入っています。

また、日本には多くの発酵食品があります。
みそ、納豆、糠付けなどなど・・・。
この発酵食品にも、酵素が豊富に含まれています。

この生の食べ物や発酵食品に含まれている酵素のことを食物酵素といいます。

焼き魚には大根下ろしがついていますが、あの大根おろしは焼き魚と一緒に食べると食物酵素として消化を助けてくれます。
1-2.png 独自に開発した二段発酵法で、野菜に含まれる「グルコン酸」を最大限に引き出しました。

味や香り、保存性を高めるとともに、栄養的にも優れた力を発揮する発酵パワーを得ることができました。
たとえば、この発酵法を使えば、ぬか漬けではビタミンB群をたっぷり含むようになるなど、素材の有用成分を豊富に引き出せます。
そこで、野菜をこの独自発酵法で『発酵熟成』させることにより、最近注目の健康成分「グルコン酸」をパワーアップさせました。
2-2.png 穀物を独自法で発酵させることにより、加熱処理をした野菜ジュースなどでは摂りにくい活きた「酵素」を生み出しました。

大麦、あわ、きび、ひえ、タカキビ、といった多穀麹には、たんぱく質やミネラルがたっぷり含まれています。
最近では口にする機会が少なくなったものですが、近年、その栄養価が見直されています。
これらの穀物を独自法により発酵させることにより、加熱処理された野菜ジュースなどでは摂りにくい活きた「酵素」を生成させました。
小林製薬は「全成分表示」だから安心してご利用いただけます。

小林4.png