酵素の種類


酵素2.png


酵素については、過去にも研究をする科学者はいました。
しかし、これまでは酵素の原料であるタンパク質を摂っていれば無尽蔵に作られると考えられていたので、従来の栄養学ではそれほど重要視しておりませんでした。


酵素3.png


1.潜在酵素、消化酵素と代謝酵素

しかし、近年になって研究が進み、実は酵素をつくる能力は一人一人遺伝子によって決まっていて限界があるのだということがわかってきました。

その人間が固有に持っている一生のうちで作れる一定量の酵素のことを「潜在酵素」といいます。

体内で作られる潜在酵素は、大きく分けると、「消化酵素」と「代謝酵素」の2つがあります。

消化酵素は文字通り消化のための酵素で、私たちが毎日食べるご飯や野菜などの食べ物を消化分解し吸収するための酵素です。

たとえば、唾液の中に含まれているアミラーゼでです。
これはでんぷんを分解する酵素です。

では、胃液に含まれているプロテアーゼの酵素の働きは? 
これは、タンパク質を分解する酵素です。

そして、膵液の中にある脂肪を分解する酵素がリパーゼです。

消化酵素の働きと種類
・デンプン   →   ブドウ糖に分解(アミラーゼ)
・タンパク質  →   アミノ酸に分解(プロテアーゼ)
・脂肪     →   脂肪酸に分解(リパーゼ)

酵素4.png


一方、代謝酵素は、
①吸収された栄養をを体中の細胞に届けて、有効に働く手助けをする。(新陳代謝)
②毒素を汗や尿の中に排出する。 (有害物質の除去)
③体の悪い部分を修復し、病気を治す。(自然治癒力)
④免疫力を高める、 
などの働きがあります。



酵素5.png

 
2.食物酵素

そして、もう一つ、身体の外にある酵素があります。
食物酵素です。

加熱されてない生の食べ物や、発酵食品には酵素が含まれています。

この食物酵素を含む食べ物は、加熱・調理された食品をたべるとき消化を助けてくれます。


食物酵素が入っている食べ物
・生の食べ物 → 野菜、果物、生の肉・魚など、
・発酵食品  → みそ、納豆、ぬか漬けなど。
     
1-2.png 独自に開発した二段発酵法で、野菜に含まれる「グルコン酸」を最大限に引き出しました。

味や香り、保存性を高めるとともに、栄養的にも優れた力を発揮する発酵パワーを得ることができました。
たとえば、この発酵法を使えば、ぬか漬けではビタミンB群をたっぷり含むようになるなど、素材の有用成分を豊富に引き出せます。
そこで、野菜をこの独自発酵法で『発酵熟成』させることにより、最近注目の健康成分「グルコン酸」をパワーアップさせました。
2-2.png 穀物を独自法で発酵させることにより、加熱処理をした野菜ジュースなどでは摂りにくい活きた「酵素」を生み出しました。

大麦、あわ、きび、ひえ、タカキビ、といった多穀麹には、たんぱく質やミネラルがたっぷり含まれています。
最近では口にする機会が少なくなったものですが、近年、その栄養価が見直されています。
これらの穀物を独自法により発酵させることにより、加熱処理された野菜ジュースなどでは摂りにくい活きた「酵素」を生成させました。
小林製薬は「全成分表示」だから安心してご利用いただけます。

小林4.png