消化酵素・代謝酵素・食物酵素の関係

消化酵素と代謝酵素の関係を、食物酵素を交えて見ていきます。 人間にはそれぞれ個人差がありますが、酵素を作る能力には限りがあります。 消化酵素も代謝酵素も出所は同じなので、消化酵素ばかりを作っていると、代謝酵素のほうが不足してきます。   ケース1 仮に酵素を作る能力が20の人がいるとします。 その人が、たとえば焼き魚を食べるとします。 そして、その焼き魚を消化す…

続きを読む

酵素が不足すると血液が汚れ、万病の元となります

消化酵素が不足すると、どうして血液が汚れるのでしょうか? 私たちが食べた食べ物は、口の中で咀嚼されますが、このとき唾液の中にあるアミラーゼによってデンプンが分解されます。 デンプンというのは、ブドウ糖が数珠つなぎになったものですが、このままでは身体が吸収してエネルギーとして利用することはできません。 そこで、アミラーゼが数珠の玉を一つ一つに分けていきます。 その一つづ…

続きを読む

酵素の種類

酵素については、過去にも研究をする科学者はいました。 しかし、これまでは酵素の原料であるタンパク質を摂っていれば無尽蔵に作られると考えられていたので、従来の栄養学ではそれほど重要視しておりませんでした。 1.潜在酵素、消化酵素と代謝酵素 しかし、近年になって研究が進み、実は酵素をつくる能力は一人一人遺伝子によって決まっていて限界があるのだということがわかってきま…

続きを読む

1-2.png 独自に開発した二段発酵法で、野菜に含まれる「グルコン酸」を最大限に引き出しました。

味や香り、保存性を高めるとともに、栄養的にも優れた力を発揮する発酵パワーを得ることができました。
たとえば、この発酵法を使えば、ぬか漬けではビタミンB群をたっぷり含むようになるなど、素材の有用成分を豊富に引き出せます。
そこで、野菜をこの独自発酵法で『発酵熟成』させることにより、最近注目の健康成分「グルコン酸」をパワーアップさせました。
2-2.png 穀物を独自法で発酵させることにより、加熱処理をした野菜ジュースなどでは摂りにくい活きた「酵素」を生み出しました。

大麦、あわ、きび、ひえ、タカキビ、といった多穀麹には、たんぱく質やミネラルがたっぷり含まれています。
最近では口にする機会が少なくなったものですが、近年、その栄養価が見直されています。
これらの穀物を独自法により発酵させることにより、加熱処理された野菜ジュースなどでは摂りにくい活きた「酵素」を生成させました。
小林製薬は「全成分表示」だから安心してご利用いただけます。

小林4.png