酵素が不足すると血液が汚れ、万病の元となります

消化酵素が不足すると、どうして血液が汚れるのでしょうか?

私たちが食べた食べ物は、口の中で咀嚼されますが、このとき唾液の中にあるアミラーゼによってデンプンが分解されます。

デンプンというのは、ブドウ糖が数珠つなぎになったものですが、このままでは身体が吸収してエネルギーとして利用することはできません。

ブドウ糖.png


そこで、アミラーゼが数珠の玉を一つ一つに分けていきます。
その一つづつバラバラになった玉が、ブドウ糖です。


血液.png


しかし、消化酵素が不足すると、未消化の糖がそのまま吸収されて血液の中を漂います。

この未消化の糖は、血液をドロドロにして赤血球同士をくっつけてしまいます。

これが、血液が汚れるということです。

そして、こうなると、血流、血行が悪くなります。

血液サラサラ.png


赤血球は直径が約7ミクロン、毛細血管は5ミクロンです。

血管よりも大きな赤血球がどうして血管の中を流れていくのかというと、赤血球は柔軟にできているので、通常は、自分よりも細い血管を通るときには変形して通れるのです。

ところが、写真のように赤血球同士がくっついた状態になると、細い血管を通ることができなくなります。

身体の中を張り巡らされている血管の長さはおよそ10万キロメートル、そのうち約90%は毛細血管であると言われています。

ですから、赤血球同士がくっつくと体中の細胞に血液が行き渡らなくなり、様々な病気を引き起こします。

これは、デンプンだけでなく、タンパク質でも脂肪でも同じことが言えます。

このような酵素不足を引き起こす背景にあるのが、食べ過ぎや、加熱調理されたものばかりを食べるようになった食生活です。

加熱調理された食べ物には酵素がありません。

そのため、身体は消化酵素をすべて作らなければなりません。

ところが、食べ過ぎや、病気・加齢で酵素をつくる力が弱くなっている人では、酵素を作るのが追いつかなくなります。

それで、食べたものが十分に分解されないまま、体内に入ってきてしまうのです。

このとき、本人は良質な栄養を摂っているつもりでも、体内には異物が溢れてしまいます。

なお、ここで「体内」とは、腸管の外側・皮膚の内側のことです。
     
妊活